XREA.COMの広告ですよ。
無料スペースなので広告表示は義務なんです。
アフィじゃないから安心しる。
track feed metabolism.s60.xrea.com

■掲示板に戻る■ 全部 1- 101- 201- 301- 401- 501- 601- 701- 801- 901- 最新50


レス数が900を超えています。1000を超えると表示できなくなるよ。
発狂に至る思考過程(ロジック)を解明するスレッド

1 :名無しさん@_@:04/10/11 08:28:25 ID:cR2stPOx
あの世界へアクセスした者なら分かるはず。
ガンギマリの中、こう思ったことがあるよね?

「ああ、このことに気付いた人が発狂して精神病院に収容されるんだな・・・」

私はその経験でしばらくの間、パニック障害っぽくなってしまって、
しきりにあの世界のことを忘れようとしてきたけど、
すっかり落ち着いた今、逆にあのときのロジックがすごく気になる。

あのとき、発狂に至る思考過程(ロジック)をはっきりと理解できたけれど
今ではすっかり忘れてしまって思い出せない。

ループ、言語からの遊離、真理、本能、怖れ、共時性・・・。
そんな要素があった気がするんだけど・・・。

誰か、発狂する論理を言語化できる人、覚えてる人、書き込んで!

866 :名無しさん@_@:05/02/27 21:44:53 ID:1ktIB6fp
意識が脳の仕組みによって生まれたものだとしても
どうして、俺は俺で
俺は平成の日本に生まれていて、ほかの時代に生まれたりしてないんだろ?

867 :名無しさん@_@:05/02/27 22:41:21 ID:Gbyo5Vwl
>>864
おまいさん5meo-DMTを忘れてるよ

868 :名無しさん@_@:05/02/28 04:26:31 ID:ACgTlEBY
桁民は他の合ケミみたいには手に入らんからなぁ。

869 :名無しさん@_@:05/02/28 04:57:44 ID:iu+2mMU4
>>866
そういうのは理性的に考えれば結論すぐでると思うんだけど。
>どうして、俺は俺で
問いが悪いねそれ。
なぜ石は石なのか?とか無駄な問いだよ。
物の意味なんて他との関係があってはじめて成り立つものでそ。
他人と関係が薄くなってるんじゃないの?
自分がどのように他の人と関わりをもっているか(いたか)忘れてるんじゃない?

>ほかの時代に生まれたりしてないんだろ?
君をひりだした子宮が他の時代に存在してなかったからだろ。
時系列を無視した問いは何も生まないよ。
気狂った人は時間の認識ができない人多いね。

870 :名無しさん@_@:05/02/28 10:31:25 ID:+E0cXsBf
>自分が世界を作ったことに気付く→発狂
量子論のコペンハーゲン解釈

>世界が自分を作ったことに気付く→悟り
自己触媒サイクルによる自己組織化

871 :名無しさん@_@:05/02/28 10:35:07 ID:+E0cXsBf
>>856
(通常)感覚神経からの情報入力は毎秒1100万ビット。
一方意識にのぼる情報は精々毎秒50ビット。

お前は一体モノゴトの何が見えるって言うんだ?
とんだ錯覚やろうだな。

872 :名無しさん@_@:05/02/28 10:44:32 ID:yClKARtZ
だんだんと無意味な意味論の問題になりそうな悪寒(見えるとは何か?意識とは何か?云々)

873 :名無しさん@_@:05/02/28 13:10:14 ID:iu+2mMU4
>>872
飛んでるときでも普段の思考能力(物事を関連づける力)忘れて
ただ飛んでるだけってのはほんとラリってるだけだから。
アンパン万だってそんなこと簡単にできるよ。

それは置いておいて、ここに書いてるときはまだ文章が書けるって時点で素面なわけで、
分析もできるわけでそ。
その分析が無意味つーなら無意味じゃねーの。
素面でもどうしょうもない人はどうしょうもないってだけじゃねーの。

分析(突っ込み)を否定するくらいならもうここ見ないほうがいいんでねーの。
自我だけで突っ走ってくださいよ。

874 :名無しさん@_@:05/02/28 13:42:58 ID:yClKARtZ
>>873
分析が無意味だといってるんじゃなくて、こういう議論は一歩間違えると定義の問題に入ってしまって、
愛といった主観的な言葉や、人生や意識といった広い概念を含む抽象的な言葉のような
厳密に定義できっこない言葉の意味について延々と論じるという事態になってしまうのです。
今このスレは大丈夫だし、ある程度の厳密さは必要だけど、一度ハマると全然前に進まない
やり取りになってしまうので、ちょっと危ないよという意味で>>872を書いたわけです。

哲学的な心についての本だと「○○はなぜか?」という問題に答えるのに、厳密さを求めるあまり
どんどん「××とは何か?」という議論に代わっていって、結局何が言いたいのかよくわからないようなものがあります。
一方で人工知能や認知科学の本では、よくこういう問題を避けるために「この本では意識という言葉を
一般的な意味で用いる」とか「これが知能といえるかどうかは各々に判断してもらいたい」といった但し書きをつけて論じることが多いです。

875 :名無しさん@_@:05/02/28 14:37:35 ID:iu+2mMU4
>>874
きみの言いたいことは理解したつもり。
んで先をいうと、個人の資質に拠るんではと思うわけ。
あるレベルまで理解してる人、して無い人、色々いるわけで。
はっきりいうと教養のレベルだね。この差は大きいよ。

ある程度のレベル(理性的、論理的にどうなのかという書き込み)に達してないような書き込みに対してはわりと親切に(自分は使う言葉が辛らつかもしれないけど)
それはこうではなないの?と問題提起をしてるだけ。

>一度ハマると全然前に進まないやり取りになってしまう
それに対して実はこうではないのか?と言ってるだけです。

なぜか?と思う以前に、なぜそう思うのかを書いてない人が多すぎるだけでそ。
ただ思ったことだけ書き込めばいいというならそれは誰にでもできるわけ。
そんなのは便所の落書き以下。
自分はなぜそう思うのか?ってのを補足(推測、予測ではあるけど)してさらに先が聞きたいと
思ってレスしてるわけです。

例えば866の書き込みに対して、なぜそう思うのか?という予測(結構断定口調だけど)を
書いてるわけ。866の文章が論理的な文章の体をなしてないのは一目瞭然でそ?
それに大して理論・論理を付け加えてるだけ。違うなら本人が訂正すればいいだけ。
まあ本人の理解と周りの理解は違うことが多々ありますが。

スレの主旨を問うならなぜ狂うのかというメカニズムを解明するスレなわけで、
論理的な書き込み以外ははっきりいってレスの仕様がないわけ。
それでも他人を理解したいと思う自分の欲求はとまらないわけよ。
けど、いちいち他人の妄想にただ付き合うだけじゃ自分の時間の無駄だし。
分かりやすくいうと、自分は発狂というメカニズムを解明するためにレスしてるわけです。
だから、その仮定で俺はこう思うからこうなんじゃーって言われたら議論にもならないわけで、
じゃー主観で勝手にやってくださいよってなるでないの。

876 :名無しさん@_@:05/02/28 14:57:35 ID:iu+2mMU4
うわー、むちゃくちゃ、最後のパラグラフは無視してください。

877 :名無しさん@_@:05/02/28 18:34:13 ID:AtSzqjsw
>>869
レスサンクスです
シラフで考えると当たり前なのですが
決まっているときは何故か、とてつもない問題だったような気がしてw

それで、なんで、こんなことをすごい謎に思ったんだかが気になって
ほかの人の意見が知りたかったんで書き込んでしまった訳っす

878 :名無しさん@_@:05/03/01 04:47:03 ID:8jhyyXjw
**論とかはwikipediaの引用とかでもいいので説明してくれるとありがたいっす

879 :名無しさん@_@:05/03/03 02:41:22 ID:hWbMNFl1
>>869
>時系列を無視した問いは何も生まないよ。
>気狂った人は時間の認識ができない人多いね。
脱時間が発狂の醍醐味じゃない?
どこまで狂っても倫理は存在するし。
 みんな神様好き?
>ほかの時代に生まれたりしてないんだろ?
こういうのは脱時間じゃないような。




880 :名無しさん@_@:05/03/03 10:19:37 ID:AN11G8B2
>>877
素面になってから

881 :not869:05/03/03 19:01:28 ID:LzZISIru
>>879
>脱時間が発狂の醍醐味じゃない?
脱時間が絡んだ発狂はただの基地外だよ
どこまで狂っても時間も存在するしね
ただ認識できてないだけ


882 :名無しさん@_@:05/03/03 19:23:34 ID:pEzgsCTI
時間こそ妄想

883 :名無しさん@_@:05/03/03 19:40:57 ID:s3YFUqY7
時間を発明した奴ってすげーよな
勝手に認識できるよーになった俺はもっと偉大なわけだが
時間の認識が生まれるのは何歳くらいなのか?

884 :名無しさん@_@:05/03/03 23:33:17 ID:IflQMiLT
時間の認識は自然発生

885 :名無しさん@_@:05/03/04 00:38:00 ID:CCppII5K
時間てなに?
簡単におしえて。

886 :名無しさん@_@:05/03/04 03:32:52 ID:x5nRbUJr
>>885
簡単には無理なのでハイデガーでも読んでみてください。

887 :名無しさん@_@:05/03/04 07:55:47 ID:x5nRbUJr
>>883-885
分かりにくいからどうやって説明しようかとおもって具具ッタラあったよ。

http://www.geocities.jp/enten_eller1120/text/seinundzeit/seinundzeit.html
これよくできてる。

877の人も読んでみてください。

888 :名無しさん@_@:05/03/04 15:06:03 ID:QEsIztPv
887一応読んでみたが......
哲学哲学してる文章って、ほとんど語句の定義してるだけで、肝心な部分少ないし。
よほど疲れてなくて、集中できるときじゃないと、流し読みになって、肝心の部分読み
飛ばすことになるんだよねぇ。

『存在と時間』本屋で手にとって、開いて見たことあるけど、あれって日本語で呼んで
果たして言語の意味理解したことになるのかねぇ。とてもじゃないけど、読めない
&理解できないと思ってあきらめたよ。いまいち哲学じゃないが、トルストイの
『人生論』止まりだねぇ。日本人なら、禅の本でも読んでるほうが、しっくりこないか?

889 :名無しさん@_@:05/03/04 15:07:20 ID:QEsIztPv
すまん上げてしまった。

言語×→原語○

890 :名無しさん@_@:05/03/04 16:00:57 ID:QEsIztPv
>45
NORMLによると12州だけど、まあ所詮まだ過半数じゃないけど時間の問題かもねぇ。

>それ以外の州も人道的見解から、連邦法で医療大麻は禁止されてるが 越法的に容認状態のようだね。

これはホントかい?連邦法も州法も守らないってのはありえないと思うけど。

891 :名無しさん@_@:05/03/04 16:01:49 ID:QEsIztPv
>890
誤爆、連投すいません

892 :655:05/03/05 08:09:49 ID:P/XB5Tom
ここのスレの方に感想を戴きたいサイトがあります。
http://www.mumyouan.com/

無名庵というサイトで、全般的に興味深く、怖くて面白いのですが、
その中でのこれが、私がガンギマリの中体験した感覚に酷似していたりします。
http://www.mumyouan.com/e/eoex.html


893 :655:05/03/05 08:15:34 ID:P/XB5Tom
度々すみません。
これも改めて今読んで、寒気を感じていました。
http://www.mumyouan.com/e/eorebel.html

894 :名無しさん@_@:05/03/06 16:28:31 ID:we/H+bYe
>>893
>>又それは一般の人々や瞑想者には全く不要な出来事である。また、それは一般の人に「ここへ来なさい」と言えるような理想状態ではないと私は痛感している

俺もグッとくるよ。

895 :名無しさん@_@:05/03/06 19:12:29 ID:IkNYL2t7
一時間かけて全部読んだがどうでもいいな。
俺馬鹿だから・・・
死人禅とかいってないで死ねばいいのに。

896 :名無しさん@_@:05/03/06 23:49:41 ID:ybPkQxA4
>>893
ああいうのは一人でやるべきで、
道連れ欲しがってる時点で矛盾すると思う、
そんで単に適当に暮したいなら、
いい臭いする方にだらだら行ったらいいと思う


897 :名無しさん@_@:05/03/07 01:20:42 ID:3ycjuHZm
>>896
いつも一人でキメてんの?

898 :名無しさん@_@:05/03/07 05:42:42 ID:xMECK7dl
遅レスでスマンが、俺も随分昔だけど655さんと似たような体験をしたことがあるよ。
まったく同じ部分も多いんで驚いたし。ネタは違うけどさ。
当時は何が何だか分からなくて、その体験を消化できず、けっこう苦しんだけど、
今考えると、単純なモノだったのかなぁ、とか思ったり。
ドラッグの力で急速に解体される意識(自我・自分)と、
必死になって解体されまいとする意識との、葛藤・戦いだったのかな、とか思ったよ。
でもどんなに戦っても無駄なんだよね、この世に生まれてから得た情報なんて何の役にも立たないから。
逆に戦えば戦うほどおかしくなる。意識が屁理屈を考えてそれに対抗しようとするから。
でもそれも捨てて、戦うのやめて、すべて受け入れるとかなーり楽になったよ。
自由自在になった(という感覚になった)。
まぁだから、葛藤による妄想に苦しめられただけ、という結論で今は納得してる。
真実かどうかはわからないけどさ、今はもう何もやってないから確かめようもないし。

899 :名無しさん@_@:05/03/07 05:59:48 ID:xMECK7dl
うーんなんかわけわからん文章だな・・・。
まぁあれです、解体されるのを恐れた自我が、妄想まで動員して起こした戦争というか。
無と自我の全面戦争って感じか。しかも全面降伏しないと幸せになれないという。

EOなんだが、けっこう良いこと言ってると思います。
ちょっと暗くて強迫的だけど・・・;
あと14歳で小悟、36歳で死亡ってのが、
統失だった某氏を思い出させてなんとなく不吉だった。
発病の年も同じくらいだし。享年も同じくらい。
脳を無駄に使いすぎるから早死になのかなぁ。ってEO氏がなんで死んだかは知らんけど。

900 :名無しさん@_@:05/03/07 06:33:19 ID:xMECK7dl
あーあと、苦行やらドラッグやらで、自分を苦しめた末に現れた世界なんてうそっぱちだと思う。
直感的にしかわからないんだけどさ、なにか歪んだものを感じるよ。
仏陀は過ぎた苦行はイクナイと言ってたらしいが、その通りだと思う。
過ぎた快楽も過ぎた苦行もない状態であちら側に触れるのがベストだと思うな。
窮地体験こそが宗教的体験を生む、という話もあるけど、それは宗教的体験の
ほんの一部なんじゃないかなぁ、と。

901 :名無しさん@_@:05/03/07 12:04:45 ID:YF2NXcZT
>>898
俺も「何もしなくていいんだ」って思えた時は感動したよw

902 :名無しさん@_@:05/03/07 15:10:39 ID:IOkF+ciJ
>>901
俺も延々と思考をたぐりよせループを繰り返した末に、「どうでもいいや」って思えた瞬間は笑いすらこぼれたな。
そっから一気に抑えきれないぐらいの多幸に包まれた。

903 :名無しさん@_@:05/03/07 16:17:18 ID:g6XjDYhw
>>655

904 :名無しさん@_@:05/03/07 21:50:33 ID:+lBiFZX+
EO読者だが、キノコ食って存在に絶望したことがあったなw


905 :ルパンACIDSEX ◆Lupin.f8Co :05/03/07 21:51:29 ID:K1x1PcJj
うんこきもちいいいよね?

906 :名無しさん@_@:05/03/07 22:03:01 ID:A6s6AzEO
>>905アナニーにおいで!

907 :名無しさん@_@:05/03/07 22:15:42 ID:DJFtt725
発狂いいいいい!!!! のこった

908 :896:05/03/08 00:29:01 ID:nnb+Nnhc
>>897
ほとんどは一人じゃない。
 どこでどう一人と思ったのかすごい気になる所

全否定又は全肯定主義を人に勧めたり見せたりしたらその瞬間に一から出直しになるんじゃないの
と言いたかったのだが。
まぁ結局は、もっとクールな文章にした方が好きだなぁと思っただけ。かな?


909 :名無しさん@_@:05/03/08 04:30:47 ID:yatQquxN
EO氏って宗教家?

>>902
わかる。結局、解放されたいのかもね。

910 :名無しさん@_@:05/03/09 14:23:49 ID:svVVfgGb0
個人的には825に同意


911 :名無しさん@_@:05/03/09 19:24:52 ID:tGy+Fyj90
EOっての面白かったよ。
indexに行って色々みてたら有り得ない位胡散臭くて笑った。
しかも、言ってる事が矛盾しまくりじゃないか?
結局、発狂や悟りって個々の内なるものだから、ほぼ共有なんて
出来ないし、解明する必要すらないんだな、と思ったよ。
でも、それで終わり、じゃつまんないわ。

912 :名無しさん@_@:05/03/10 17:46:56 ID:+pXo6NVD0
>>911
笑った。

913 :名無しさん@_@:05/03/10 19:50:08 ID:YIG7+qpR0
どこに?

914 :(´・ω・`) dat落ちのようです@管理人 ★:停止
(´・ω・`) 残念ながらここでdat落ちしたようです。
      もう書き込みは出来ませんよ。

310KB
新着レスの表示

掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50
名前: E-mail(省略可)

0ch BBS 2007-01-24